メンズの婚礼用のスーツ

男性

レンタルとの違い

主にブライダルで着用する率が高い男性の衣装の1つがタキシードで、レンタルするケースが一般的ですが、レンタルとオーダータキシードには様々な違いが挙げられます。例えば、オーダータキシードは寸法を測定して仕立てるため、ジャストフィットした着心地が得られる特徴があります。レンタル衣装は上下の細かな部分のサイズ調整が難しいため、記念に残るシチュエーションでの着用時にはシルエットは重要視されています。また、デザインにこだわることができるのもオーダータキシードの特徴で、衿型やポケットの有無、動きやすさに配慮したフロントカットやベントの入れ方なども好みで選択可能です。レンタル衣装において、タキシードにトレンド性を求めるケースは意外と少ないため、例えば、挙式で披露する場合にパートナーのドレスとのミスマッチも懸念されています。最新やアンティークドレスまでが揃う女性のドレスデザインに合わせるにも、オーダーメイドで仕立てることで違和感が生じにくい特徴が挙げられます。

コンシェルジュに相談

婚礼衣装として男性が着用するタキシードですが、オーダーメイドで仕立てることができるものの、近年では様々な希望や要望から専門となるコンシェルジュがオーダータキシードの縫製に携わってくれる利点が挙げられています。若い年代の男性の場合、型が古いデザインに難色を示しやすく、また婚礼衣装である場合にはパートナーとのコーディネートまで意識する必要があります。体型に合わせて仕立てるだけではなく、コーディネートの相談にも対応するのも特徴的で、シャツやベスト、タイなどの小物までコーディネートしてくれます。また、タキシードは式を挙げる男性のみならず、親や身内も着用するケースもあり、フロックコートのみならず、モーニングスタイルなども仕立てることが可能です。